ホーム » 活動報告 » 例会 » 2015年7月例会

2015年7月例会


社員の声を聴いて謙虚に学ぶ

 〜〜個性輝く職人集団を目指して〜〜

201507yoshidaこの会社に相談できる人はいません。」退職する社員から投げかけられた強烈な一言。地区会長に就任し、売上も利益も過去最高。そんな中、10日で2人の社員が立て続けに退社し、会社都合だけの計画であったと気付かされます。人は皆違う。それぞれの個性が輝く職人集団を目指し、社員のための社員教育が必要だと実践を始めます。新しい人財を確保(新卒採用)することで変革を続け、社員と共に育つ社長の奮闘実践をご報告いただきました。

今回の例会は、9/10-11山梨にて開催の青年経営者全国交流会にて報告者を務められる、戸田蕨地区会吉田雄亮氏のプレ報告会も兼ねておりゲストのかた、他地区のかたにも多くご参加いただきました。

報告者

吉田 雄亮 氏

株式会社 吉田電工  代表取締役 

グループ討論テーマ

「社員が輝くとは?輝くためには何が必要か?」

会場

日時:2015年7月15日(水) 受付:18:00 開会18:30〜
会場:鴻巣市市民活動センター 会議室A
鴻巣市本町1丁目2-1  TEL:048-577-3512
JR高崎線鴻巣駅(東口すぐ)
参加費:無料

例会報告

2代目として家業を引き継いだ時は債務超過で大変な状況でした。会社の再建項目を9項目立て、2年間で全て達成。同友会活動に頑張り戸田・蕨地区会長に就任。過去最高の売上と最高の利益を達成。会社経営とはこんなに簡単なものかと思い、おごりで社員の話を聞けない社長になってしまっていました。その後10日間で「この会社に相談できる人はいません」と2名の社員が退社。その原因を自分に求めないで社員が悪いと思っていました。同友会の先輩より、経営者の責任について厳しく指導を受け、猛省。従業員に謝罪。個人面談を実施したところ社長以上に従業員のほうが現状を正確に把握していました。皆に相当無理をさせていたことを反省。そこで、給与面での要望、仕事に対する要望、社長に対する指摘をじっくり聴くことに専念。仕事を任せることにより社内が見違える様にあかるくなり、一人ひとりが輝いてきました。報告の最後にスクリーンに映し出された仲間たちの写真は笑顔がはち切れていました。また、社員さんが発したという「社長がいなくても大丈夫です!私がやりますから」の言葉が、とても印象的でした。
吉田氏の同友会入会当時をよく知る先輩の言うには「言葉をかけても挨拶しない、態度の悪い会員」だったそうです。「彼の人間的成長に驚いています」と。入会間もない会員さんやゲストのかたは「同友会ってすごいところですね。学びの集まりですね」と感想を述べられていました。

(金子 房雄 記)

埼玉中小企業家同友会HP記事より

.
.

reikai1507

 

.

.

.

.

.

お問い合わせ先
埼玉中小企業家同友会事務局
TEL:048-747-5560

.

.



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です