ホーム » 活動報告 » 例会 (ページ 2)

例会」カテゴリーアーカイブ

経営革新と同友会経営指針の違いがわかりますか

2017年3月例会

経営革新認証は受けたが事業が実行出来ていない。
同友会で経営指針書を作成したがその通り進んでいない。

そこで、この2つの違いを理解し事業をどのように成功に結びつけたらいいかを学ぶ

後援:桶川市商工会


中部地区会3月例会は経営革新と計経営指針の違いについてのパネルディスカッションをやってから、グループ討論をしました。

以上

※正式報告記事は6月までお待ちください。

コーディネーター

阿部千里氏
アトリエ3c+u建築設計事務所 代表

パネリスト

水上真紀氏
株式会社ノワテック 常務取締役
日高苗氏
 かなえハウス株式会社 代表取締役
水野 浩美氏
 トライアルプランニング  代表
 
 「経営指針」と「経営革新」。同友会で頻繁に出て来る言葉です。これって同じなの? 違うの?
中部地区会3月例会は、2名のコメンテーターからそれぞれのあり方を解説いただいた後、女性経営者3名によるパネルディスカッションが行われました。
3名とも「同友会経営指針セミナー」の修了生ですけど、自分にしかできない仕事で起業した創業者、危機的状況に追い込まれた会社を継いだ社長、父である社長との喧嘩が絶えない常務、と三者三様。
しかし、指針セミナーについては「仕事に対し集中して考える時間を持てた」「ブレないために指針は必須」と口が揃います。もちろん指針は会社での共有が目的でしょうが、経営者自身にとって考えや行動がブレない為というニュアンスが強いようです。
一方、経営革新についてはハードルが高く感じる、詳しくわからないとの意見もありましたが、取得したパネラーからは、県から認定を受けることで「県に認められている」「第三者から見ても良いことをしている」という認識が社員達に生まれモチベーションが高まった。との報告がありました。
私としては、指針は事業を進める羅針盤。革新は行政からお墨付きを得るための戦略。ではなかろうかと考えた次第です。
グループ討論発表でも「指針を作り革新も取得したい」という意見が大方を占めていました。
矢澤敦臣 記

グループ討論テーマ

経営革新と経営指針を自社に生かすには?
自社にとってのメリッ卜は?

会場

日時:2017年3月17日(金) 受付:18:00 開会18:30〜
会場:桶川市商工会館

桶川市鴨川1−4−3 TEL 048-786-0903
会場へは建物裏手(駐車場側)の外階段をお上がり下さい
JR高崎線桶川駅(西口)
参加費:無料

 

参加者アンケート集計

Q1.内容はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
14 6

Q2.グループ討論はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
13 7

Q3.例会運営・進行はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
13 6 1

Q4.自社に持ち帰り、実践しようと感じたことは何ですか?

  • 経営革新で決めたことをしっかり実施していこうと改めて意識させられた。
  • ブレない経営、実践あるのみ!
  • 経営指針セミナーは日程的に難しいが、経営革新は考えてみようという気持ちになった。
  • 経営革新は自分でつくらないとダメだと思います。
  • 経営革新について興味がわきました。
  • 改めて経営革新を受けるために時間をつくります。
  • 当社の経営計画をさらに磨き、高めていこうと思った。
  • 経営指針セミナーを受けようと思追いました!しっかり学びたいと思います。
  • とても良いお話が聞けて大変よかったです。
  • 経営革新のPRに時間を取られすぎていて、討論が進まなかった感じがある。
  • 5年後10年後の仕事内容と自社の在り方を社員と話し合ってみようと思います。
  • 経営革新と経営指針の違いが整理できた。
  • 経営革新をやってみようか?
  • 今まで作成した経営革新と経営指針の見直しをする。
  • 自分が経営指針を受けてどう良くなるか、どう良くするべきかを考えます。

Q5.感想・意見・要望などを自由にお書き下さい。

  • 女性経営者が元気で時代を感じる。共に世のためになるようにしたい。
  • 楽しいお話を有難うございました。皆様の経営に対する熱いものを感じ、新しい試みをサポートし応援していければと思いました。
  • 初めて参加させていただきました。経営指針経営革新ともに抽象的なものから具体的なものにするために必要なものだと思いました。
  • 女性経営者は皆さんバイタリティーがあり、元気をもらいました。
  • 岡部さんのコーディネートが、報告者の気づきをうまく引き出していて良かった。
  • 革新は今まで考えた事がなかったため刺激になりました。
  • 経営指針を受けた感想はよく聞く機会があるが、過去に受けた社長さんの意見は参考になった。

 


お問い合わせ先
埼玉中小企業家同友会事務局
TEL:048-747-5550  FAX:048-747-5560
担当:高頭(たかとう)….

創業は大正元年!100年企業の進化論

埼玉中小企業家同友会
埼葛・中部地区会
2017年2月合同例会

敢えて1店舗経営に込めた狙い

企業は拡大よりも存続させていく事が一番!
1店舗経営にこだわり続けるのは何故か?
『品質への徹底したこだわり』と顧客に対する『おもてなしの心』そこに秘められた「心の豊かさの追求」と「未来への布石」とは?経営者として常に時代の変化を先取りしてきた価値観がについてご報告いただきました。

【報告者】

齋藤恵氏齋藤 恵氏(埼玉中小企業家同友会 埼葛地区会会員)

株式会社エル・サイトウ 代表取締役

創業(1912年)以来ワンランク上の顧客満足を使命に、メガネ、コンタクト、補聴器、ジュエリーを取り扱う本格専門店。

〒346-0003
埼玉県久喜市久喜中央2-9-23
PHONE:0480-22-3110
FAX:0480-21-3339
URL:http://www.el-saito.co.jp/

日時:2016年2月21日(火)

会場:三高サロン
埼玉県久喜市久喜中央4−9−83

新たな事業の創出!企業連携のいろは

新たな事業の創出!
企業連携のイロハ

埼玉中小企業家同友会中部地区会10月例会

自社だけでは創りだすことが難しい新規事業も、企業が連携することで創出が可能になります。企業がお互いのスキルを持ち合って新しい事業を創出する。

企業が連携することでどのような効果が生まれるのか?企業連携はどのような考え方や進め方が必要なのか?

地域に密着した中小企業だからこそできる「働き」が集まることで、地域活性化にも繋がり、自社の発展にも繋がる企業連携のヒントを得ることができました。

 

【報告者】

h_kato加藤英樹氏(鴻巣市市議会議員)

撫でし子株式会社 代表取締役

 .

日時:2016年10月21日(金)18:00受付 18:30開会

会場:鴻巣市市民活動センター 大会議室
鴻巣市本町1-2-1(鴻巣駅東口すぐ)

【内容】

経営体験報告+グループ討論+懇親会

 

設立30周年記念式典


30th_title

*設立30周年を迎えた中部地区会は、2016年9月23日さいたま文学館文学ホール並びに桶川市観ホールぶにて記念式典、記念講演、祝賀会を開催し、盛会のうちに無事終了することができました。
多くの皆様のご協力に深く御礼申し上げます。

【スケジュール】

第1部:記念式典 16:30〜 さいたま文学館 文学ホール

第2部:記念講演 18:00〜 さいたま文学館 文学ホール

地域の発展は

中小企業の環境健全化にあり


60分の講演ですが収録は20分程です

松井 清充 氏 (中小企業家同友会全国協議回 専務幹事)

第3部:祝賀会 19:15〜 響の森 桶川市民ホール プチ・ホール

太鼓集団  出演


 

 

 

 

 


 

埼玉同友会中部地区会30周年記念式典

二代目社長の新たな試み!

埼玉中小企業家同友会中部地区会2016年8月例会

人や地域の問題解決へ挑戦する

二代目社長の新たな試み!

  • 日  時:2016年 8月19日(金)
  • 参 加 費:大人 5,000円/子供(中学生以下) 2,500円
  • 集合場所: 北上尾駅東口 7:50
    ※バスは予定通り 8:00に出発!

ベンチマーク

【報告者】

岩崎武栄 氏  エスエー企画株式会社 代表取締役

(群馬同友会)

空き家、ニートなどの社会問題と自社の問題(職人不足、人材確保)を照らし合わせて解決の道を探る地方の建築業経営者の挑戦「Re:Homeアカデミー」。
NHKでも取り上げられた取組みを実際に見て、挑戦することの意義についてご報告いただきました。


著作件の関係でビデオを拝見した後からとなります。

自由行動

 ベンチマークのあとは「たくみの里組」と「温泉組」に分かれて行動。たくみの里では開始時間等の関係で手作り体験には参加できませんでしたが、のんびりとお店を見て回ったりおいしいコーヒーでくつろぐなど夏の一日を満喫できました!!(たくみの里は満喫しすぎて写真を撮っていません。撮影された方がおられましたらご提供お願いします。)

<タイムスケジュール>

8:00 北上尾駅集合・出発
~ バスにて一路、群馬へ ~

10:00 「Re:Homeアカデミー」
……………………..見学・報告

12:30    昼食

14:00 たくみの里にて自由行動
希望者は温泉へGo!

15:50頃 出発
時間がなく「Doleランドみなかみ」 に寄り道できず

関越自動車、道事故による大渋滞のため
超ノロノロ走向。

19:10頃 桶川組下車

19:25頃 北上尾駅着

■『Re:Homeアカデミー』:高崎市井野町274

たくみの里:みなかみ町須川847
東京ドーム約70個分(330ha)にわたる集落には昔ながらの手法をそのままに木工、竹細工、和紙などの手作り体験ができるたくみの家が点在しています。

企業側から発する地域活性化への
コミュニケーションづくり

埼玉中小企業家同友会中部地区会2016年7月例会

〜地域に必要とされる会社になるために〜


「街一番のありがとう」をめざして

企業が主体となって行う地域における交流。企業が地域社会に提供できるものは何か。従業員からの理解を得るにはどうすればよいかを考え、自社の発展に繋がるための継続的地域活性へのアクションを起こせるようになることを考える例会となりました。

地元を大切にする地域密着型の葬儀会社アートエンディングさんの取り組みは自社の発展にも繋げがるとても参考になる事例です。

【報告者】

西本淳弥氏

 西本淳弥氏
(埼玉中小企業家同友会 東武地区会)
 .

日時:2016年7月22日(金)18:00受付 18:30開会

会場:桶川市商工会館 大会議室

【内容】

経営体験報告+グループ討論+懇親会

 

 

参加者アンケート集計

Q1.内容はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
12

Q2.グループ討論はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
9 2 1

Q3.例会運営・進行はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
8 3 1

Q4.例会運営・進行はいかがでしたか?

  • ES を意識した経営に徹する。
    社員とのコミュニケーションをしっかりととり、地域サービスの目的を明確にしなくてはいけないと気付いた。
    戦略を練る。
  • キムチツアーに興味を持った。
  • 本業に隣接している地域活動をすることにより仕事に繋がっていく。
  • 本業をがんばる事が地域に貢献できているのではないか。
  • 自社でできる地域貢献はないか考えようと思う。
  • 社会貢献と本業の境目をしっかりと見極めて、できる範囲を明確にしていきたいと思った。
  • 西本さんの実践してきた事のひとつひとつを取り入れていきたい。

Q5.感想・意見・要望などを自由にお書き下さい。

  • 同友会地区会長など、仕事以外の活動もしっかりやりながら自社の運営もおろそかにしていない部分がとても素晴らしい。
  • 自社は地域に敬遠される仕事なので大変勉強になった。
  • 9 期の苦労を越えて一回りも大きくなられ、流石です。
  • 今まで聞いた報告の中で1 番感銘を受けた。

reikai1607

.

.
.

.

.

.

.

 


 

新入会員PR大会! 第六弾

ようこそ中部地区会へ!

新入会員各社の事業を知って
会員との連携を深めましょう

昨年度入会いただいた新入会員さんのプレゼン大会(私の履歴書拡大版)です!地域に必要とされる企業であるために・・・異業種の交流でつながることはお互いの強みになります。

仲間を知り、自社の発展につなげましょう!
新入会員さんはどんな仕事をしているのか?
新たなネットワークの広がりを見つけましょう。

報告者

金子商事株式会社
取締役 金子 昭雄 氏

金子商事

有限会社ニーズ食品
代表取締役 斎藤 順子 氏

ニーズ食品

株式会社ノワテック
常務取締役 水上 真紀 氏

ノワテック

日 時:2016年6月24日(金)

受付:18:00 開会18:30〜

会 場:桶川市商工会館 大会議室

桶川市鴨川1-4-3  TEL 048-786-0903
※会場へは駐車場側の外階段をお上がりください

参加費:無 料

(例会後の懇親会費は実費となります)

参加者アンケート集計

Q1.内容はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
13 3

Q2.グループ討論はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
9 6

Q3.例会運営・進行はいかがでしたか?

大変よい よい ふつう 悪い 大変悪い 未回答
8 8 1

Q4.例会運営・進行はいかがでしたか?

  • 地域金融機関の一員として、経営者の方々との課題・悩みを少しでも解決できるよう、努力していきたいと思いました。
  • 1回1回の例会・講演で感じたこと一つひとつをもう少ししっかり振り返り、実践する必要がある。
  • 近いうちに社員も参加させたい。足元を固める!
  • もっともっと同友会を活用して、今以上に勉強していきたい。
  • 新しい会員さんにとても刺激をもらいました。もっと成長したいと思います。
  • 今回の報告を通して資料をまとめ言葉を考えることで、ものの伝え方や発表の仕方、今後の自分への課題が見えました。
  • 戦略を練る。
  • 実践あるのみ。
  • 県の委員会に参加する。
  • 経営指針セミナー参加頑張ります。
  • 経営者としての覚悟、気持ちの大切さを感じました。

Q5.感想・意見・要望などを自由にお書き下さい。

  • 地経営者の皆様方の生の声を聞くことができ、大変勉強になりました。
  • 今後、地区会の仕事、さらには県の仕事にも少しずつ参加していきたいと思います。
    ⇒ 自分の仕事の時間のやりくりを再検討しなくてはいけません。
  • 会長として最初の例会なので、珍しくちょっと緊張しました。今年も宜しくお願い致します。
  • 本日の報告者の内容が大変素晴らしかった。会社の内容が大変よくわかりました。
  • レベルが高い報告でした。
  • 三人の報告者のみなさん、お疲れ様でした。素晴らしい報告で感動しました。
  • すでに指針を実践しているのかと思いました。
  • 新入会員三名の意欲の高さに感動いたしました。
  • 発表された三社の方の向上心の高さを感じ、自分も考えなくてはいけないと改めて感じた。
  • とても緊張しましたが、良い経験になりました。

自社PR大会

保護中: 同友会型企業づくりが未来を切り拓く!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

第30回地区総会

今回、中部地区会では久賀代表理事、武蔵野銀行様のご臨席をいただき、第30回総会を開催いたしました。
第1部総会では、すべての議案が無事承認され、今年度は、中部地区会30周年記念式典も控えており、成功に向けて岡部会長から中山新会長へとバトンタッチされました。最後に久賀代表理事より「地区の活動はもちろんの事、さらに県の活動への参加、また全国の催しへの参加こそが自社の発展に繋がると激励のあいさつをいただきました。
第2部記念講演では、(有)高中鈑金工業 高橋正哲氏より、「同友会型企業づくり〜社員と共に学び、共に育つ企業をめざして〜」をテーマに講演いただき、新卒で採用した社員に対しては、新入社員研修に自らも参加し、全員で学ぶという姿勢で最後まで責任を持つことが経営者としての責任とお話されていました。また、自社を知ってもらう事が大切という事で、銅版工芸体験や、ご近所とのバーベキュー等、地域に根ざし、アテにされ無くてはならない企業をめざし、着実に学びを実践されている高橋氏の報告でした。
第3部の親睦会も終了し、2次会でさらに本音トーク。終電ぎりぎりまで名残り惜しくも解散となりました。
池田豊子 記

日時:2016年5月18日(水)
◆第1部 地区総会   17:00~17:50同友会
◆第2部 記念講演   18:00~19:00
講師:(有)髙中板金工業 代表取締役 髙橋 正哲 氏
同友会型企業づくりが未来を切り拓く!
〜社員と共に学び、共に育つ企業をめざして〜
  • 会社概要
  • 同友会入会まで
  • 同友会型企業とは
  • 経営者としての気付き・学び
  • 共に学び、共に育つ企業への取り組み
ビデオはこちらより(会員専用)

第30回定時総会

2016年3月例会

女性経営者の覚悟

〜プレイングマネージャーから真の経営者へ〜

中部地区会・ファム合同例会

共催:桶川市商工会議所


社長とは名ばかりで、気づけば、いつも現場仕事に追われている・・会社の将来を見据えた戦略を考えていかねば!と思いつつ、時間が取れない・・時間が取れないからそれも仕方ないか・・そんな堂々めぐりで悩んでいませんか。
『プレイングマネージャーから脱却しなければ将来はない!』
と気づき、組織として一歩前に踏み出したケイハート。社長の時間は、365日24時間すべて自分のもの、それをどう使うか…
2016年3月15日、株式会社ケイハート代表取締役の北川登美代氏にご報告いただきました。

【報告者】

北川登美代

 北川 登美代氏

株式会社ケイハート 代表取締役

(埼玉中小企業家同友会 浦和地区会)
.

プロフィール

都市銀行行員時代は、預金業務、融資業務、外貨両替業務を担当する。
結婚のため退職、同時に転勤族となる。
これまでに経験した引越し十数回、さらに転勤族仲間の引越しを手伝った回数を含めると数え切れないほど。
その後、娘二人の子育ても一段落し、銀行取引会社の新規ホテルオープニングスタッフとして再就職、経理部門を担当。幾度もの引越しとホテル業務を経験し、シンプルに暮らすことの重要さとすばらしさを痛感する。
転勤族時代に体得した掃除術、整理収納術を人に伝えたいという思いから家事代行会社「k-heart」を設立 代表取締役となる。
現在は「働く女性を元気にする!」をスローガンとし、さいたま市を中心に家事支援サービスを提供しながら、整理収納アドバイザー、ハウスクリーニング士として活動、コンサルティング、セミナーの開催など快適空間作りをサポートしている。

日時:2016年3月15日(火)18:30〜

会場:桶川市商工会館 大会議室

【内容】

経営体験報告+グループ討論

 

 

 

reikai1603.

.

.

.

.

.

.