ホーム » 活動報告 » 幹事会 » 2015年度 第4回幹事会

2015年度 第4回幹事会


30周年PT第3回ミーティング

  • 20周年のときはテーマは決めていないけど、あった方がいい。
  • 次回は会長代行より方針案が出される予定

 

埼玉同友会共通議題

理事会関連資料

  • 理事会終了後1時間グループ討論が行われた。
  • 中同協が2019年に会員50,000名を目指すことを受け、埼玉同友会は目標を1,200名とすることが承認された。
  • 6月に設立した東彩地区会より、太田久年氏、中村忠裕氏が理事として加わることが承認された。

中同協第47回定時総会 in岩手

金子氏

  • ショッキングな全国総会だった。
  • これまで社長として何をやってきたのかと考えさせられた。
  • 社長が会社の中で出しゃばり過ぎていたと反省して帰った。
  • 社長は全体的な経営を行い現場は従業員を信頼し任せるよう方向転換してことにした。
  • 今後は従業員一人ひとりと面談し、給料面も含め求めたるものを聞いていく。

岡部会長

  • 実は全国総会は2度目の参加。他の全国集会には何度もいっているけど、意外に総会には行っていないと思った。
  • エネルギーシフトについて、皆さんどれだけ意識しているか?
  • 地域で小さくエネルギーを作り、その地域で使っていくことが小さい規模でもできることが見えてきた。
  • これは中小企業として新しい仕事づくりのチャンス。
  • エネルギーシフトに重きを置いて活動を行っている同友会は凄いと感じた。
  • 来年は大阪で開催。以降は交通の便から大阪と東京の持ち回りになる。

全研第5回実行委員会

  • チケット担当は金子氏
  • 中部地区会の目標参加人数は26名。現在7名申込済み。
  • 幹事は自分はもちろん。ゲストまたは日頃例会に参加していない会員を啓蒙して2名以上で参加するように。
  • グループ長研修10月2日(金)に決まりました。全研のグループ長に任命された人でなくても参加可能です。

中小企業憲章推進月間学習会

  • 中小企業憲章とは「中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役である」との考えから2010年閣議決定された。
  • 中小企業は何をやっていたらいいのかという勉強会で50人くらい参加していた。
  • 戸田市、深谷市、墨田区が活動が盛ん。
  • 特に深谷は盛り上げっていて、ふっかちゃんを先頭に深谷を全国に売り出すのだ、ねぎ、花、世界遺産のルート、観光、グルメ、ゆるキャラなどを含め、市と企業がタッグをくんでいる。
  • 3年後に道路になる整備されていない場所にコンテナを置いてギャラリーや料理教室などができるようにしている。
  • 自分の会社だけでなく「回りの経済が良くならなければ自分の会社も良くならないよね」という考え方などの事例報告があった。
  • 上尾は「自転車の街づくり」というテーマはあるものの進展はない。
  • 中小企憲章と聞くと、難しく感じるが、地域の行政、企業、市民がどのように地域を活性化しているかを知ることのできた勉強会だった。
  • 中部地区会では各市町村別のグループを編成して、行政や他経済団体と協力しながら進めていくようにしたらどうか。
  • 中部地区総会に町長や市長にも出席してもらうようにする。

中部地区会議題

7月例会報告

実績 26 名
地区会11名、ゲスト6名、他地区8名、オブザーバ 1 名、
中部地区会員出席率 19%

  • 26名が参加している中、中部地区会員は11名しかいなかった。
  • ゲストが多かったのは良かった。
  • 8月例会に参加意向を示してる人もいる。
  • 懇親会にも参加したゲストの中には、経営者は自分が社長だから自分見えないのに、社長同士がお互い真剣に会話を交わしている様子を見てびっくりしている人もいた。

参加アンケート集計

収総計:18名

容はいかがでしたか?
大変よい:11  よい:5  ふつう:1 未回答:1

グループ討論はいかがでしたか?
大変よい:12  よい:5  ふつう:1

例会運営・進行はいかがでしたか?
大変よい:9  よい:7  ふつう:1

自社に持ち帰り、実践しようと感じたことは何ですか?

  • 社長の覚悟
  • 社員が輝くというのはどういうことか?改めて考えようと思った。
  • 社員の高橋さんの言葉のなかに”社員は見ててほしい、任せてほしい、言葉に
    出してほめてほしい”の言葉には納得しました。
  • 指針セミナーの大切さを感じました。
  • 社員との意見交換の場をもっと持つ。
  • 吉田電工の高橋さんから聞いた話
    社員は「見られたい」「任されたい」「ほめられたい」という言葉がとても
    勉強になりました。
  • 社員さんそれぞれを見て、どうやる気がでるのかを探す。
  • コミュニケーションをとる。
  • 緊急性はないが、重要性がある事に時間をつくれるか。
  • 社員に対する基本姿勢を実践したいと思います。
  • ビジネスパートナーとのコミュニケーションをもっと多くとる。
  • コミュニケーションの大切さ。
  • コミュニケーションの密度を上げる。

感想・意見・要望などを自由にお書き下さい

  • ・青全交がんばってください。とても良い報告になると思います。
  • ゲストの人へのグループ討論での話しの振り方は難しいと感じた。
  • 文字が多すぎる。発表の項目が多すぎる。3項目にしぼって発表すると良くなる
    と思います。
  • 他地区、ゲストの方々が多数参加してくれたので良かったですが、いなかったら
    寂しい例会となってしまったので、参加率をどうやって上げていくかが課題ですね。
  • 吉田電工 吉田社長の報告がとても良かった。
  • 東彩地区の報告会を楽しみにしております。よろしくお願い致します。
  • 自分を変えるということにおいて、考えさせられました。
  • 発表が少し広範囲にすぎたでしょうか・・・。全体の内容は良かったのですが・・・。
  • 初めて参加させてもらいました。色々な話が聞けて勉強になりました。
    ありがとうございました。

8月例会最終確認

車出す人、福原さん、矢部さん、中山さん(夜までお風呂組)

組み分けはメーリングリストにて。

9月例会の調整

テーマ:「マイナンバー制度」て何? 〜私たちが知っておくこと、準備しておくこと〜

報告者:鈴木 拓雄 氏(中部地区会会員)

日時:9月16日(水) 18:30〜21:00

会場:上尾市文化センター

10月例会の提案

開催日:10月21日(水)

・中小企業憲章

・地区会からの報告者

の二本立てで検討していく。

地区会活性化チェックリスト

I.企業を育てる地区会づくり――学びと実践のサイクル

  1. モデル企業を多数輩出していますか?
  2. グループ討論実施率はどうですか?
    本音の語り合いが出来るグループ討論が出来ていますか?
  3. 例会参加率は高まっていますか?
  4. 会員による経営体験報告の割合は?
  5. 例会のまとめでは、学びと実践のポイントを示していますか?
    実践する工夫を促していますか?
  6. 役員同士がお互いの経営について理解し、切磋琢磨しあえる関係になっています

II.学び合える地区会づくり――地区会の人材育成

  1. 例会プレ報告での学びは?
  2. 入会後、早い時期に同友会を知ってもらう機会づくりが出来ていますか?
    新入会員のオリエンテーションの参加率は
  3. 会員の活動の場を広げるために小グループ活動(委員会活動、ランチ会等)は実施されていますか?
  4. 地区幹事会は学べる機会となっていますか?
  5. 県行事や全国行事への参加意識は?

 

III.会員が増える地区会づくり――なぜ増やすのか?どう増やすのか?

  1. 自分自身と自社にとっての増強の意義を確認しあっていますか?
  2. 地区会にとっての増強の意義を確認しあっていますか?
  3. 地域にとっての増強の意義を確認しあっていますか?
  4. 全国の成功事例を確認しあっていますか?
  5. 具体的なアクションに取り組んでいますか?

IV.地域づくりに貢献する地区会をめざして――会員と地域との関わり合いは?

  1. 自社の企業づくりを通じて地域の活性化に寄与することを意識していますか?
  2. 同友会として行政や金融機関との関わりはありますか?
  3. 空白地域を埋めるための視点を持っていますか?
  4. 地区会として当該地域の活性化に関わる意識を持っていますか?

 

2015年8月幹事会

2015年8月幹事会

2015年8月幹事会

2015年8月幹事会

2015年8月幹事会

2015年8月幹事会



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です