埼玉中小企業家同友会中部地区会


中小企業家同友会は、年齢、社会的立場、業種にとらわれず、中小企業家が大いに見聞をひろめ、企業の繁栄を目指す中小企業の経営者によって構成されるの任意団体です。
埼玉中小企業家同友会中部地区会会員の主な活動地域は埼玉県の中央部となる県央地区(上尾市、伊奈町、桶川市、北本市、鴻巣市)を中心とした、さいたま市、蓮田市、久喜市、白岡市、羽生市等。「例会」という勉強会を柱に、経営に関する課題や悩みなどを本音で語り合いながら、企業と地域社会の発展に努めています。


エコストーブ忘年会


会員企業訪問会


同友会三つの目的

  1. 同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。
  2. 同友会は、中小企業家が自主的な努力によって、相互に資質を高め、知識を吸収し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。
  3. 同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく、社会・経済・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。